toggle
2020-02-20

新春コンサート学園前ホール2020/1/13

今回は私の初リサイタルの時のピアニストで大学時代の
友人でもある播磨美知子さんと40年ぶりのセッション。

ミヨー作曲のスカラムーシュよりブライレイラと
ラモー作曲のリ.スバージュを演奏した。

 

リハーサル

9A95E97B-A818-441F-83AE-FEA018DD2568

ブラジレイラは本来2台のピアノで演奏される曲だが、
たまたまネットで、作曲家の天野みどりさんがピアノ連弾用に編曲された事を知り、厚かましさを承知でご連絡差し上げたところ、快く楽譜を提供して下さった。

今回は天野さんへの感謝の気持ちも込めて演奏させていただいた。

F928AA2D-0294-47FE-A102-7841B97285DC

 

この曲は馴染みやすいメロディーで、ピアノとの掛け合いも楽しく、気心知れた播磨さんの伴奏のおかげで、本番の緊張も和らぎ安心して楽しんで演奏が出来た。

 

D09DDCEF-CBDC-41B4-ABEE-14E4AE35F383

077B3E10-9C21-4E83-AFE0-526F8C3FA3FC

2F4516E0-D53C-4B04-BCA0-FFD329678F53

リスヴァージュはクラブサンのために作られた曲だ。
日本語では未開人と訳されているが、題名からは想像できないほど、とても穏やかな美しい曲だ。

ただ、マリンバで弾くには、右手と左手がかなり離れており、音を正確に、また柔らかい音色にするには大変苦労した。

 

FCF111B3-BF7D-4BE0-A68E-1E08158A1886

 

 

演奏が無事終了。

63C3AC4B-0569-4D0D-B42F-23A9CAECC5FF
A29E8BA5-D6A9-44E8-92A4-9ED00BCC95BA

352F496E-79A8-4037-8AC9-25566B9D5F84